ホーム>オステオスペルマム フラッシュミックス
コンテンツ

オステオスペルマム フラッシュミックス

 

春から6月頃まで花を咲かせ続けます。比較的寒さにも強いですが、霜に当たると痛み観賞価値がなくなります。

夏になると花が少なくなると葉が茂ってきます。緑色の葉を必ず残して剪定してください。地植えしたものは-6℃でも宿根し翌年開花します。

キク科科オステオスペルマム属 半耐寒性多年草(宿根性)

草丈 30cm~40cm
日照 日向
蒸散量が多いので、しおれたらたっぷりあげてください。
耐暑性 真夏は弱ります。日陰に置くことをお勧めします。
耐寒性

霜に当たると葉が傷みます。凍ると地上部は枯れますが、-6度では翌年伸びてきて開花してきます。

 

繁殖方法 挿し木
 

小林花卉のオリジナル品種、イエローフラッシュとサトルフラッシュを1鉢に入れた商品です。

201536173025.jpg

 

サトルフラッシュ誕生秘話

イエローフラッシュとサトルフラッシュは、実はふたごちゃんなんです。

黄色のイエローフラッシュは小林花卉で、種を蒔き2010年に販売開始した品種です。

このイエローフラッシュにある日、ひとつの枝にひと花だけワインレッドの花が咲いていたのです。

そのひと枝を大切に増やしていったのが、2015年本格販売された、サトルフラッシュです。

初めのひと花を見つけたサトル君の名前をいただき、サトルフラッシュとしました。

イエローフラッシュとサトルフラッシュ、同じ性質で花の色だけ違う野で、2色がきれいにまとまります。

 

サトル君はワインレッドが良く似合いますが、お酒は下戸です。(すぐサトルフラッシュ色になります)

 

 

 

 

ページ上部へ